弁護士を立てること

Pocket

交通事故慰謝料を増額することを求める場合、弁護士に相談することが一番です。慰謝料の算定基準に差があるからですが、こちらが弁護士や裁判所の算定基準を用いて交渉することによって、増額させることができるようになるからです。しかし、自分自身で交渉しているだけでは、こうした算定基準を用いて交渉しても、相手は納得しません。自分たちの算定基準を崩すことがないからです。

弁護士交渉に弁護士を立てるだけでも大幅に変更されてくるのは、それだけの専門知識を持ち、交渉に臨むからです。相手側からしても専門家同士の交渉となることで、増額されることになるのは、容易に想像ができるところでしょう。弁護士も、依頼者の利益を最大化するために尽力していきますので、納得できる金額を引き出せるようにしてくれます。これが大きな差になって表れる部分です。

もしも、加入している保険に弁護士特約がある場合には、できるだけ早期に依頼をかけていくことも重要になってきます。弁護士特約がつけられていれば、費用はほとんどかからなくすることができるからです。費用倒れになってしまうようなこともありませんので、早期に相談をして交渉をスタートすることが重要です。