交通事故と交渉

Pocket

慰謝料を決めることになったときに、思っているよりも少ないと思うことが出てきます。交通事故の被害者になると、相手は保険会社か弁護士から慰謝料を通達されることになるでしょう。自分自身が納得できないような慰謝料であることは、腑に落ちないことも出てくるはずです。理由のひとつとしてあげられることは、こちらは自分で交渉していることがポイントになります。相手が提示している金額を待っているだけでは、慰謝料は向上することがありません。それは、相手は独自の基準を持っており、こちらが望む金額で交渉しようとは考えていないからです。

算定基準慰謝料には算定基準が存在します。これを知らなければ、交渉することもできません。任意保険に入っていなかった場合、被害者を救済する意味で使われる自賠責保険の基準が最も低く、次に保険会社の算定基準、弁護士や裁判所の算定基準という順に高くなります。保険会社の算定基準は、弁護士や裁判所の算定基準の半分程度になっていることもおおく、納得できる金額が提示されないことが多いといえるでしょう。

この交渉を考えた場合、弁護士や裁判所の算定基準を用いて交渉することが一番です。ですが、保険会社は自社の基準しか使いません。相手方に弁護士がたち交渉しているときも、できるだけ抑えられるように交渉してくるでしょう。だからこそ、被害者としても、代理人に弁護士を立てて対抗することが増額には一番の効果をあげる方法です。