専門であるかどうか

弁護士に依頼することが、慰謝料増額の重要ポイントであるのは間違いありません。ですが、どんな弁護士でもいいのかといえば、これもまた違います。交渉の専門家であることは確かであっても、すべての知識を有しているわけではありません。弁護士の職務範囲は驚くほど広く、それぞれが専門分野を持って活動しているからです。このポイントを抑えることが、増額させる重要な意味を持ってきます。

調べてみる増額させるためには、交通事故に関する交渉経験や知識を持っていなければなりません。多額の慰謝料を扱うことになるだけではなく、相手も専門家であることは確かです。そこに、経験のない弁護士が交渉をおこなっても、思っているほどの効果をあげることはできないでしょう。専門領域としているところであれば、交渉の方法も考えていくことになります。対応も違いが出ることを考えれば、これまでの経験を調べてみることも必要です。

ホームページなどを見ると、これまでの活動内容も見ることができるでしょう。その中で交通事故の事案を取り扱っているかどうかがわかります。専門としているところであれば、対応も素早くなりますので、選択として間違わないようにすることも大切です。

弁護士を立てること

交通事故慰謝料を増額することを求める場合、弁護士に相談することが一番です。慰謝料の算定基準に差があるからですが、こちらが弁護士や裁判所の算定基準を用いて交渉することによって、増額させることができるようになるからです。しかし、自分自身で交渉しているだけでは、こうした算定基準を用いて交渉しても、相手は納得しません。自分たちの算定基準を崩すことがないからです。

弁護士交渉に弁護士を立てるだけでも大幅に変更されてくるのは、それだけの専門知識を持ち、交渉に臨むからです。相手側からしても専門家同士の交渉となることで、増額されることになるのは、容易に想像ができるところでしょう。弁護士も、依頼者の利益を最大化するために尽力していきますので、納得できる金額を引き出せるようにしてくれます。これが大きな差になって表れる部分です。

もしも、加入している保険に弁護士特約がある場合には、できるだけ早期に依頼をかけていくことも重要になってきます。弁護士特約がつけられていれば、費用はほとんどかからなくすることができるからです。費用倒れになってしまうようなこともありませんので、早期に相談をして交渉をスタートすることが重要です。

交通事故と交渉

慰謝料を決めることになったときに、思っているよりも少ないと思うことが出てきます。交通事故の被害者になると、相手は保険会社か弁護士から慰謝料を通達されることになるでしょう。自分自身が納得できないような慰謝料であることは、腑に落ちないことも出てくるはずです。理由のひとつとしてあげられることは、こちらは自分で交渉していることがポイントになります。相手が提示している金額を待っているだけでは、慰謝料は向上することがありません。それは、相手は独自の基準を持っており、こちらが望む金額で交渉しようとは考えていないからです。

算定基準慰謝料には算定基準が存在します。これを知らなければ、交渉することもできません。任意保険に入っていなかった場合、被害者を救済する意味で使われる自賠責保険の基準が最も低く、次に保険会社の算定基準、弁護士や裁判所の算定基準という順に高くなります。保険会社の算定基準は、弁護士や裁判所の算定基準の半分程度になっていることもおおく、納得できる金額が提示されないことが多いといえるでしょう。

この交渉を考えた場合、弁護士や裁判所の算定基準を用いて交渉することが一番です。ですが、保険会社は自社の基準しか使いません。相手方に弁護士がたち交渉しているときも、できるだけ抑えられるように交渉してくるでしょう。だからこそ、被害者としても、代理人に弁護士を立てて対抗することが増額には一番の効果をあげる方法です。